つくば  柏  神田サテライト


Top
ホーム » 社長コラム » 社長コラム » 第9回 娘が生まれた日
LINEで気軽に聞いてみる!

第9回 娘が生まれた日

先日は、小学1年生の長女の誕生日でした。

長男、次男と男の子二人に続いての待望の女の子。それなのに、ちょうど僕は仕事上の人脈を得たり、ヒントを得たりと、勉強のために全国を飛び回っていた頃で、出産に立ち会えなかったのです。

今でも悔やまれるなぁ。

娘の出産予定日は、ちょうど、「庭ステーション」の勉強会に当たっていたんです。
「出産が近いから、行けるかどうかわからない」
とは言っていたものの、三人目で順調だったこともあって、妻に大反対されながら飛びました。
すると、なんとその晩、陣痛が来ちゃったんです。
夜、関係者で宴会をしている最中に電話がかかってきました。

「明日、始発の新幹線で帰るから、なんとかがんばって!」

そう励まして、翌朝一番、二日酔いの体を引きずるようにして、必死でのぞみに飛び乗りました。
東京駅で山手線に乗り換え、なんとか秋葉原の改札にたどり着き、Suicaでピッ!と改札を抜けた時、電話がかかってきました。

「生まれたよ!」

予想を上回る安産だったそうです。

妻はときどき、娘に、
「パパはお酒飲みに行っていて、いなかったんだよ」
と言っています。三人目とはいえ、心細かったんだろうな。
それに初めての女の子、一緒に顔を見たかったんだろうと思います。

おかげさまで安産だったのは良かったけれど、立ち会えなかったことは、今でもやっぱり残念です。






ホーム » 社長コラム » 社長コラム » 第9回 娘が生まれた日